徐々に秋が深まる天龍寺

天龍寺
先日、天龍寺を訪れてきました。曹源池の周りは木々が少し色づいていました。

天龍寺天龍寺は嵐山・嵯峨野エリアにある唯一の世界遺産。国内外から高い人気を誇っています。夢窓疎石が作庭した曹源池庭園は、嵐山を借景とした雄大なお庭で四季折々に素晴らしい眺めを見せてくれます。国の特別名勝に指定されているように、京都でも指折りにスケールの大きい眺めを楽しめる場所です。

天龍寺ちょうど雨上がりに訪れましたが、天龍寺からも嵐山がより近くに感じられるのが不思議です。天龍寺は雨の日には建物に上がってお庭を楽しむのも、足元が濡れないためおすすめです。曹源池庭園の周りのカエデは少し葉先が赤くなっていました。もう10月ですので例年このような感じですが、あと1か月と少しで本格的な紅葉シーズンがやって来ます。今年も期待が高まります。

お知らせ

「月刊茶の間 10月号」で10月の京都の行事の特集をさせていただきました。こちらのリンクより、先着3000名様に無料プレゼントも受け付けられています。
また、私が監修させていただいた「京ごよみ手帳 2019」は、宮帯出版社様より10月10日に発売予定です。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です