吉田神社の夏越大祓

吉田神社の夏越大祓
6月30日に吉田神社夏越大祓が行われました。

吉田神社 茅の輪茅の輪は6月30日を中心に全国的に登場し、京都各地でもかなりの数の神社に出ています。茅の輪の由来は、疫病の神である牛頭天王(ごずてんのう、武塔天神)を温かくもてなした蘇民将来(そみんしょうらい)が、お礼として腰に茅の輪を巻くことで疫病を逃れられるという教えを授かったことによります。現代でも、疫病除けに加え、半年間でたまった罪や汚れをはらうために茅の輪をくぐります。くぐり方は神社ごとに少しづつ違いますが、基本的には「水無月の なごしの祓いする人は ちとせの命 のぶというなり」という歌を唱えながら、左→右→左と無限大マークや8の字を描くように通過して最後に本殿を参拝します。

水無月昔は「夏を越える」ということは本当に大変なことでした。というのは、気温が上がって疫病が流行りやすく、大雨による洪水も多発する季節、かたや日照りで干ばつも起こることがあるなど、人の力では防ぎようがない災害のオンパレード。無事に夏を越せるかどうかは「神頼み」しかない部分もあったのでしょう。夏越祓で茅の輪や水無月を見るたびに、そうした人々の長年の思いを感じます。

吉田神社の夏越大祓吉田神社は吉田山に祀られた神社で、平安京の鬼門除けとして藤原氏の氏神である春日神を祭神として平安時代に創建されました。山全体が神聖な雰囲気を持つ空間である一方、有名なカフェや眺望に優れた場所、断層に伴う急峻な場所もあるなど、様々な表情を見せるなかなか面白い界隈です。神社の歴史もたいへん興味深いものがありますが、現在は2月の節分行事がよく知られています。

吉田神社の夏越大祓6月30日の夏越大祓も地元の方で多い賑わう行事です。神事は16時から始まりますが、少し早めに訪れると「人形(ひとがた)」をいただけます。人形に自分の名前と数え年を書いて、息を吹きかけて体を撫でて厄を移したあと、社務所に奉納すると、神事の中で焼納していただけるのです。

吉田神社の夏越大祓神事はまず拝殿前の建物で行われ、参列者も大祓詞(おおはらえのことば)を唱え、続いて鳥居の外で神職さんにより人形(ひとがた)の焼納が行われます。そして、茅の輪くぐりが行われます。神職の皆様を先頭にして一般の参列者が後に続きますが、その人数が多く、例年約1000人にも及ぶそう。

吉田神社の夏越大祓確かにそれくらい来られていてもおかしくないほどの大人数で、境内をいっぱいに使って大きな円を描くように茅の輪をくぐっていきます。これだけの人がやってくるのは、茅の輪くぐりが京都の人々に大いに親しまれている証だと感じます。茅の輪くぐり終わると、茅萱(ちがや)が授与され、皆さん持ち帰って行かれました。お守りとしてミニ茅の輪を作るためです。こうして終了した夏越大祓。機会がありましたら、訪れてみてください。

吉田神社の夏越大祓
吉田神社の夏越大祓
吉田神社の夏越大祓

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です