六角堂の御幸桜

六角堂
六角堂は知る人ぞ知る桜の名所。境内のしだれ桜は、御幸桜(みゆきざくら)と呼ばれ、咲きはじめは白く数日後にはピンク色に変化する珍しい桜です。

六角堂六角堂の御幸桜。咲き始めは白く、だんだんとピンクが濃くなる珍しい桜で、どちらかというと白く見えている期間が短いのが特徴です。咲きはじめは純白で、たいへん美しく、まるで雪が降っているかのよう。現在はすでに赤くなった花が目立ってきており、日に日にピンク色の花が増えていきます。

六角堂御幸桜は、私が京都中の桜を眺めてきた中でも六角堂でしか出会ったことがない珍しい桜です。数年前までは水が流れる場所に植えられた木が立派だったのですが、近年樹勢が衰えて2019年になって植え替えられました。御幸桜と同じく色が変わるかと思いきや、この新しく植わった木は色が変化しない一般的なしだれ桜でした。色の変わる御幸桜は境内のスターバックスの前側や、親鸞上人を祀るお堂前の木になります。

六角堂
六角堂
六角堂
六角堂

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です