【チャリティー】京都でも起きる土砂災害 音羽川砂防学習ゾーンを歩く

音羽川砂防学習ゾーン音羽川砂防学習ゾーン音羽川砂防学習ゾーン

(終了しました。ご参加いただきまして、ありがとうございました。)【売上は全額、京都府豪雨義援金と広島豪雨災害義援金として寄附します
この夏、広島を襲った集中豪雨によって発生してしまった土砂災害。京都でも比叡山周辺に広島と同じ「まさ土」が分布し、たびたび土砂災害に見舞われてきた歴史があり、今後も発生する恐れがあります。散策では、修学院にある砂防学習ゾーンを歩き、土砂災害と砂防について学びます。

土砂災害は巻き込まれると死亡率が高く、非常に危険な自然災害の一つです。修学院にある「音羽川砂防学習ゾーン」を歩き、土砂災害を軽減する砂防対策を学びましょう。辺りは、自然が美しい隠れスポットでもあります。また、昨年の台風18号によって大きな土砂災害を受けた場所や、京都に大地震をもたらすとされる花折断層の痕跡も歩きつつ、一般的な観光ガイドも随所で行います。なお、行程には坂道・階段が多くあるため、ご注意ください。

ここが見どころ!

  1. 修学院にある音羽川は度々土石流を引き起こしてきた川で、昭和47年には不幸にも人が亡くなったこともありました。現在は砂防対策が進み、川沿いは「音羽川砂防学習ゾーン」として整備されて、様々な工法などを学ぶことができます。
  2. 音羽川沿いには巨大な砂防堰堤がそびえ、一部には眺望の良い場所も。自然に囲まれた美しいエリアです。
  3. 昨年の台風18号に伴う大雨で土砂災害を受けた場所や、京都に地震をもたらす花折断層の痕跡もたどり、一乗寺界隈の紅葉の穴場なども解説していきます。

音羽川砂防学習ゾーン音羽川砂防学習ゾーン音羽川砂防学習ゾーン

行程(約4.5km) ※坂道・急な階段あり!
叡電「修学院駅」 ~ 鷺森神社(紅葉の隠れスポット) ~ 音羽川砂防学習ゾーン(巨大な砂防堰堤、各種工法など) ~ 曼殊院前 ~ 昨年土砂災害を受けた寺 ~ 詩仙堂前(花折断層について) ~ 一乗寺下がり松(宮本武蔵ゆかり) ~ 叡電「一乗寺駅」

お申込みはこちらから

  • 今回の売上金は全て義援金として寄付させて頂きます。
  • 当日は歩きやすい靴と服装でお越しください。
  • 安全のため雨天・荒天の場合は途中で中止することがあります。
  • 集合場所までの交通費は各自ご負担いただきます。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。ブログはこちらから。
 

叡山電鉄「修学院」駅へは?

  • 京都駅から:JR奈良線で「東福寺」駅下車。京阪線で「出町柳」駅へ。叡山電車にお乗り換えいただき「鞍馬方面行き」にご乗車下さい。
  • 京阪線から:「出町柳」駅下車。叡山電車にお乗り換えいただき、「鞍馬方面行き」にご乗車下さい。
  • 阪急線から:「河原町」駅下車。徒歩で「祇園四条」駅にお越しいただき、京阪線で「出町柳」駅へ。出町柳駅から叡山電車にお乗り換え「鞍馬方面行き」にご乗車下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です