春に華やぐ街中の社寺 桜咲く椿寺から千本釈迦堂、釘抜地蔵へ

地蔵院 五色散り椿と紅枝垂れ桜宥清寺 4月釘抜地蔵

【終了しました。ご参加ありがとうございました。】
五色の散り椿としだれ桜が美しい椿寺から、街中の遅咲き桜を経て千本釈迦堂釘抜地蔵へと参拝します。

ここが見どころ!

  1. 椿寺(地蔵院)には、加藤清正が朝鮮から持ち帰ったという五色八重散椿の2代目が植わり、散った様子も華やか。遅咲きのしだれ桜も境内を彩ります。
  2. 北野界隈には遅咲きの紅しだれ桜が植わるお寺が。千本釈迦堂にも遅咲きの八重桜や緑色に咲く御衣黄(ぎょいこう)も花開く頃です。※霊宝館には入りません
  3. 苦しみを抜き取ってくれるお地蔵様として地元の方に親しまれている釘抜地蔵。境内に奉納されている釘抜の絵馬の多さに信仰の篤さを感じることが出来ます。
行程(約2.7km、ほぼ平坦)
北野白梅町駅 改札前 → 椿寺(地蔵院) → 北野界隈の社寺(遅咲きの桜) → 千本釈迦堂境内 → 釘抜地蔵 → バス停・千本上立売(解散)

お申込みはこちらから

  • 当日は歩きやすい靴と服装でお越しください。
  • 雨天決行ですが、荒天の場合は中止することがあります。
  • 集合場所までの交通費は各自ご負担いただきます。
  • 状況により写真と同じ光景を見られない可能性もあります。ご了承ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続最高得点で合格。「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2019」監修。特技はお箏の演奏。

嵐電「北野白梅町」駅へは?

  • 京都駅からの場合
    JR中央口京都タワー側のバス乗り場のB3乗り場から205系統、またはB2乗り場から101系統か50系統にお乗り頂き、「北野白梅町」バス停下車。
  • 京阪線の場合
    「出町柳」駅で下車。今出川通で市バス203系統か102系統にお乗りいただき、「北野白梅町」バス停下車。
  • 阪急線の場合
    「西院」駅で下車。北野白梅町・金閣寺方面行のバスにお乗り頂き「北野白梅町」バス停下車。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です