京都さくらよさこい


今日は一カ月遅れの京都さくらよさこいが行われました。例年は、4月の初めの桜が咲くころに、京都市役所前から御池通、ゼスト御池などで盛大に行われて、京都に春の盛りの訪れを告げてくれるお祭りです。しかし、今年は東日本大震災の影響もあって、この時期に規模を縮小して行われることになりました。
「京都さくらよさこい」は、今年で7回目を迎える新しいお祭りです。2005年に京都市内の大学生が集まって「鴨川さくらまつり」の企画の一環として始めたのが最初です。現在も学生によって運営がなされています。
よさこいの踊りはたいへん元気がよく賑やかで、見ているこちらにも元気を与えてくれます。「自粛」ムードの漂う世間ですが、本場高知の「よさこい祭り」自体が、戦後復興を願って活気を取り戻すために始まったお祭りです。今年の京都さくらよさこいは、震災後に一旦は中止が発表されましたが、最終的には中止ではなく開催をしてくれました。
京都市役所前のメイン会場では、福島県の名産品が販売されていました。1品につき100円が被災地に寄付されるとのこと。私も1つ買わせて頂きました。
京都さくらよさこいは、明日4日も京都市役所前の会場を中心に行われます。それぞれが気合の入った踊りを見せてくれます。お近くに行かれる方は、是非、足を運んでみてください。

より大きな地図で 京都さくらよこさい会場(京都市役所前) を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です