綾傘鉾の稚児社参 祇園祭 2011年


7日は祇園祭の行事で、綾傘鉾の稚児社参が行われました。
雨がしっかりと降る中(それでも7mm/h程度)、お稚児さんが手を引かれて南門から入って来ました。皆、正装で和傘をさしていて風情があります。ただ、関係者の皆様は雨の中、気配りが本当に大変だと感じました。
一行は本殿に入り、儀式を行います(関係者以外非公開)。ご家族の方も中に入って見守ります。途中、お稚児さんの名前が呼ばれて「はい!」という元気な声が外まで聞こえてきました。お千度は本殿の周りを回るのですが、今回は雨のため拝殿の中で3周されていました。
最後に、南門で写真撮影をして帰参。その様子を動画でもアップしました
余談ですが、修学旅行生が「どこへ行こうか」とずっと迷っていたので、あと少し待てばお稚児さんが見られるよと教えてあげたところ、喜ぶ子もいれば興味のなさそうな子もいました。そもそも「お稚児さん」が伝わらなかったようで、iPadで画像を見せると「舞妓さんみたい!バカ殿みたい!」と正直な反応でした(笑)
結局、東京から来たと言うその子たちも、お稚児さんが入ってくるのを見ていました。いい思い出になればよいですね。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として9年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 綾傘鉾 稚児社参 を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です