御香宮神社の七草粥


1月7日は、人日(じんじつ)の節句。七草粥を頂く日としても知られ、御香宮神社でも七草粥が振る舞われました。

1月7日は五節句の一つ、人日(じんじつ)の節句です。一般的には、3月3日の通称「桃の節句」や、5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕の節句」が知られています。数字の中でも奇数は割れることが無いよい数字・陽数として喜ばれ、その数字が重なる日に祝い事を行う風習ができました。ただ、1月1日は一年の始まりの日であるため、1月7日が人日(じんじつ)の節句となりました。古代中国では、正月1日は鶏の日、2日は犬の日といったように、日ごとに動物の日が定められ、その日はその動物を殺さないようにしたそうです。そして7日は人の日で、この日は罪人への刑罰は行わないとされていました。

そして、この日には七草粥を食べる風習が古くは平安時代から続いています。七草と言えば「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ (はるのななくさ)」と、和歌のように五七五七七のリズムで読むと覚えやすいですね。そしてこれらは「春の七草」と呼ばれています。考えてみれば、春の物を二十四節気「小寒(しょうかん)」過ぎの「寒の内」、つまり一年で最も寒さが厳しくなり始める時期に頂くのは不自然です。実は、本来の七草粥は「旧暦の1月7日」に頂くもので、今年の場合だと2月16日になります。2月4日には立春を迎え、「そろそろ春が感じられる頃」に入ります。その春の入り口を過ぎてから、もともとの七草の日付はやってきますので「春の七草」と呼んでも不思議ではないのですね。

ということで、今の真冬の時期に手に入る七草のほとんどは意図的に栽培されたものです。七草粥は、年の初めに凍った土から芽を出す、生命力豊かな旬の若菜を頂いて、無病息災を願う(若返りの力を得る)行事ではあるものの、古人のように「若菜摘み」をして七草ををそろえようとしても、なかなか難しく、実際京都でも御池通に植えられている七草の花壇を見てみてましたが、若菜が出ているような気配は見られませんでした。こうした旧暦由来の行事は時に矛盾をはらむこともあります。が、しかし、それを栽培技術などで乗り越えていけるのもまた現代なのでしょう。

さて、御香宮神社の七草粥は、七草神事の神饌で使われたものが振舞われます。七草は氏子農家から寄付され、餅やお米は氏子がお正月に備えたものを使い、米を炊く水はなんと!境内に湧く名水「御香水」です。水に恵まれた伏見ならではの七草粥ですね。細かく切った七草がお粥の上にかけられて、塩昆布もお好みで頂くことができます。現代ではお粥だけでは物足りなく感じますので、昆布は欠かせないでしょうか。

御香宮神社の七草粥は限定700食と数に限りがあるため、早くからかなりの人が列を作って並んでいます。やはり地元の人が多いようですね。京都では、昨年ブログで紹介した西院春日神社でも上賀茂神社でも若菜粥として頂くことができます。また、御香宮でも七草セットが売られていますが、スーパーでも同様なものを買うことができ、各家庭で七草粥を頂くところも多いようです。

余談ですが、1月7日は「爪切りの日」でもあります。七草粥の湯に手足をつけて爪を切ると風邪を引かないとされ、古くはこの日に爪の切り初めをする習慣もあったそうです。私の手元の50年ほど前の京都本にも風習として乗っていますので、今でも行われているところはあるのかもしれませんね。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です