圓光寺 紅葉のお寺に咲くしだれ桜

圓光寺の桜
一乗寺にある圓光寺の新しいお庭をしだれ桜が彩っています。

圓光寺の桜京都の桜も終盤です。開花サイクルの早い御室桜は「散り始め」のステータスに変わりました。今年の満開は4日間ということのようです。比較的天気も良い日が多く、週末にも重なりよい年だったのではないでしょうか。明日(15日)も気温が上がるので「散り果て」となるかもしれません。散るのも本当に早い桜です。散った様子も雪のようで美しいのですが、とにかく明日の早い時間帯に訪れることをお勧めします。

圓光寺の桜一方、御室桜よりも早く咲き始める八重紅しだれ桜は、まだまだ見頃の所が多いです。14日に訪れたのは、一乗寺にある圓光寺。秋の紅葉は近年有名になってきましたが、実は春の桜も見事なお寺さんです。圓光寺は昨年新しいお庭を整備されました。桜はちょうどそのお庭の場所に咲いていて、よく似合っています。お寺は少し高台にもあり、桜の向こうに京都の街並みや青空が広がるのも魅力の一つでしょう。

圓光寺の桜境内は、紅葉が美しいお寺とあって、楓の新緑も芽吹いてきています。この葉が秋には見事に色づくのですから、早くも楽しみになってしまいますね(笑)秋は大いに賑わう境内も、春の桜はまだまだ無名でほとんど人は来られません。たいへん美しい桜を静かに眺めることができる穴場です。ゆっくりとお庭を散策しながら、圓光寺の魅力を堪能して下さい。

狸谷山不動院の桜また、同じ時期に見ごろとなるのが狸谷山不動院の駐車場に咲く桜。こちらは詩仙堂の前から厳しい坂道を上った先にあります。交通安全の祈祷で京都で有名で、車で訪れるとさほど苦労はないでしょうか。高台にある駐車場からは五山の送り火の「法」の字も望めます。桜はなかなか立派で、歩いて上って来るだけの価値はあります。14日の段階で散り初めでした。京都には他にもたくさんの穴場の桜がありますが、今年もご紹介できずに終わるところも多そうです。また、総集編は公開予定ですのでお楽しみに。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です