高雄 美しきツツジの山肌

高雄 西明寺裏山のツツジ
高雄のバス停を下りてすぐ、西明寺の裏山に見事なツツジが咲く山肌があります。

高雄 西明寺裏山のツツジ桜のシーズンの終わりごろから見ごろを迎えるのが、高雄のバス停からすぐの西明寺裏山に咲くツツジの美しい風景です。ツツジの種類はコバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)で、今の時期は京都各地の山沿いに点在して見ごろを迎えています。麓では、仁和寺や天龍寺の境内でも綺麗に咲く花です。濃いピンク色が鮮やかで、春の深まりと近づく初夏を教えてくれる花でもあります。

高雄 西明寺裏山のツツジ西明寺裏山に広がるツツジの群生はかなり規模が大きく、山肌一面がピンクに染まります。桜の時期にはその中に白い桜の花も混ざってさらに美しいです。このブログを書いている段階では、高雄の桜も散ってしまっているかもしれませんが、ツツジはまだまだ見頃が続きますので足を延ばしてみて下さい。私が訪れた日も多くのカメラマンが来られていました。

神護寺そろそろ新緑が美しくなる季節です。高雄周辺は紅葉の名所でもあり、それはすなわち新緑の名所でもあります。ここまで来られたら、神護寺にも足を延ばしてみて下さい。なお、神護寺に向かう参道はアップダウンが大きいので、ご注意下さい。参道途中にある硯石の付近からは、ツツジの群落も覗けます。ちょうど形がハート型にも見えるような気がします。

神護寺私が訪れた日は、神護寺の境内は控えめに桜が咲いていました。次第に新緑も見事になるでしょう。秋には多くの人で賑わいますが、春はとても静かに緑を楽しみながら境内を散策できます。また、本尊の薬師如来をはじめとする仏像とも心静かに向かい合うことができるでしょう。

神護寺 苔の道神護寺には一つとっておきの場所があります。神護寺の境内を普通に歩いているとまず行くことがないとある場所に、非常に美しい苔の道が続いています。苔が傷んでも申し訳ありませんので、詳しい場所は書きませんが、いずれ神護寺をご案内する時にはお連れしたいと思っている場所です。この日も、綺麗に木漏れ日が差し込んで「素晴らしい」の一言。どうしても行ってみたい方は、境内図をよく見て、別れ道を右手の方に進んでみて下さい。左のきつい坂道の方ではありません。さて、京都は桜が終わっても様々に美しい場所があります。過ごしやすいこの時期に京都にお越しください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

「高雄 美しきツツジの山肌」への2件のフィードバック

    1. ご連絡ありがとうございます。「写真:京都旅屋」のように、引用を表示していただけましたら大丈夫です。よろしくお願いいたします。

逸見敬二 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です