「散り果て」も増えた京都の紅葉

泉涌寺 今熊野観音寺
京都の紅葉はここ数日の雨と風で一気に「散り果て」となってしまったところがほとんどとなりました。

泉涌寺12月に入り一気に寒くなりました。加えて風も強く、まさに「木枯らし」となって木々の葉をすごい勢いで散らしていきました。御池通では歩道にどっさりと積もったケヤキの葉が印象的。各地の紅葉はこのまま散り果ててしまったところも多くあります。本日は泉涌寺周辺をご案内しましたが、御座所庭園もすっかり葉を落として散り果てです。

泉涌寺 鳥居橋今熊野観音寺もほとんど散ってしまっていますが、赤い鳥居橋の付近はまだ色が残っていました。ほとんどが散っている中では貴重な光景です。カエデも桜も天候による影響が大きくて難しいですね。カエデの場合は日当たりの悪い場所が最後に色づきますので、これから紅葉を見たいという方は、下鴨神社へと足を延ばしてみてください。京都でも屈指の紅葉が遅い場所で、少なくとも今週はまだ見られるのではと思います。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です