南禅寺 特別公開の大寧軒

南禅寺 大寧軒
南禅寺の大寧軒が30日まで特別公開されています。

南禅寺 大寧軒大寧軒(だいねいけん)では、南禅寺の塔頭寺院であった大寧院の跡に、明治末期に藪内家の11代・竹窓紹智(ちくそうじょうち)によって作られた池泉回遊式庭園を見学できます。界隈の別荘群は七代目・小川治兵衛の手による庭園がほとんどの中で、茶人が手掛けた庭という貴重な存在。飛び石の打ち方や苑路などに、茶室に付随する露地庭園の趣が見られるお庭となっています。

南禅寺 大寧軒苑内は美しい苔が目を引きますが、苔を踏まないように飛び石を歩いて散策しましょう。疏水の水を引き入れた小川の奥には3mほどの滝もあります。そしてその下流には、京都三珍鳥居として有名な蚕ノ社にある「三柱鳥居」を模した石鳥居が立てられて、その中央からは水が湧いているそう。滝も三柱鳥居も、なかなか見ることができない光景です。

南禅寺 大寧軒大寧軒の前回の公開は2011年で、今回は4年ぶり。9月30日まで「京の夏の旅」で特別公開されています。説明の方もおられ、歴史や見どころを解説していただけますので、この機会に訪れてみてください。

南禅寺 大寧軒
南禅寺 大寧軒
南禅寺 大寧軒
南禅寺 大寧軒
南禅寺 大寧軒

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウ、花の見ごろ情報などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です