未来への光 ~東山 天空のライトアップ~

未来への光 ~東山 天空のライトアップ~
23日まで東山で夜空を照らす「未来への光 ~東山 天空のライトアップ~」が行われています。

未来への光 ~東山 天空のライトアップ~このイベントは、『東山「観光・交通・環境」協力会議』の10周年記念行事として行われているもので、清水寺、高台寺、建仁寺、六波羅蜜寺、東山区役所の5箇所から、西や南の夜空に向けて五色の光を照射するもの。離れて眺めると東山の夜空に延びる光が綺麗です。清水寺と高台寺、六波羅蜜寺では夜間拝観も行われています。六波羅蜜寺では空也上人や平清盛の像がある宝物館にも入ることができますが、夜に仏像と向き合える機会は滅多にないでしょう。圓徳院は22日・23日のみ夜間拝観が行われます。

未来への光 ~東山 天空のライトアップ~実際に現地の建仁寺と六波羅蜜寺に行ってみると、光が伸びている様子は綺麗ではありますが、意外と近づくと小さな光源に感じます。建仁寺では法堂が紫のビームで幻想的に輝いていました。六波羅蜜寺はオレンジの光ですが、お堂の横の立ち入れないエリアから伸びているため、現地ではほとんど光を見ることはできませんでした。

未来への光 ~東山 天空のライトアップ~ただ明るくライトアップされた境内は印象的で、夜空を見上げると他所からの光がうっすらと伸びていました。光は離れた場所から肉眼で見るとかなり薄く、街の明かりに紛れて気が付かない方もいると思います。5本の光が最もよく見える場所はというと、五条大橋の北西側から鴨川に下りた付近です。鴨川の納涼床からもよく見えそうです。

未来への光 ~東山 天空のライトアップ~写真では濃く撮っていますが、実際にはもっと色味が薄いためご注意ください。三脚がないと綺麗に撮るのは難しいかもしれません。天空のライトアップは、23日までで21時半消灯です。比較的遅い時間まで行われていますので、夜は東山の方角をご覧になってみてください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウ、花の見ごろ情報などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です