嵐山駅のキモノフォレスト

キモノフォレスト
先日、嵐電の嵐山駅のキモノフォレストに訪れました。

キモノフォレスト昨日はブログの更新ができず、申し訳ありませんでした。実は現在旅行中で、宿にネット環境がなかったためです。旅先でも現地ガイドに参加をしたり、今後の参考になったり仕事への刺激を頂ける場所へと足を延ばしています。気持ちも新たに秋の観光シーズンに臨みたいと思います。

キモノフォレスト嵐山駅は、2013年7月から京友禅の光るポールが並ぶ「キモノフォレスト(友禅の光林)」が輝いています。構内に600本も林立していてその間を歩くこともでき、電車に乗らなくても自由に見ることができます。昼間も十分綺麗ですが、暗くなりはじめる夕暮れ時からは、さらに美しくなります。非常に絵になりますので、記念撮影にもおススメ。通年で点灯されています。柄も全部で32種類あるそう。一番奥には天龍寺の龍にちなんだ「龍の愛宕池」もあり、希望が叶う場所とされています。嵐山に行かれる際はぜひご覧になってみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です