毘沙門堂のドウダンツツジ

毘沙門堂
19日に、毘沙門堂に訪れるとドウダンツツジが綺麗になっていました。

毘沙門堂毘沙門堂は山科にある天台宗の門跡寺院で、秋の紅葉と春の桜が美しい寺として知られています。毘沙門堂への道路は広くないため、大型の観光バスでは直接訪れることができず、かつ駅からも離れているため、大混雑とはなりにくいのも特徴です。数年前にJR東海のCMで勅使門前の一直線の参道が紹介されて賑わいましたが、今年はまだ本格的な色づきはこれからです。

毘沙門堂紅葉に先駆けて色づくのは弁天堂の周りのドウダンツツジです。この木もカエデに負けず劣らず真っ赤に色付き、目を楽しませてくれます。今年は各地でカエデの状態が悪いですが、ドウダンツツジも例にもれずあまり状態は良くありません。例年を知っていると、物足りない部分もあるかもしれませんが、今年はその中でも美しい場所を探して楽しむのがよいように思います。この日も、初めてこの光景を見た観光客はとても喜んでおられました。ある意味「初心」を忘れずに、秋の彩りを感じたいですね。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です