宝泉院のライトアップ

宝泉院 ライトアップ
12日に、大原の宝泉院のライトアップを訪れました。

宝泉院 ライトアップ宝泉院は大原の中でも人気が高いお寺です。五葉松や見事な竹林のある盤垣園(ばんかんえん)と称するお庭を室内から座って眺め、ゆったりとした時間を過ごすことができるのが人気の理由。盤垣園には立ち去りがたいお庭という意味があり、客殿から柱と柱の間を額に見立てると、訪れるたびに枠の中の風景が変化して四季折々に楽しむことができます。

宝泉院 ライトアップ夜間のライトアップは勝林院とあわせて行われています。この日は人出のピークとあって、開門から多くの方が訪れていました。客殿からのぞくカエデはまだ緑が目立ちましたが、昨年は同じ時期に散り果てて枝のみだったので、今年は昨年とは違った印象を受けました。さらにその奥の竹林は漆黒の闇の中に輝いて、とても幻想的です。

宝泉院 ライトアップそして宝泉院のシンボルでもある五葉松の力強い幹も、ライトアップによって見事な佇まいをさらに引き立っていました。紅葉が終わっても十分に楽しめるライトアップだと思います。また、勝林院は証拠の阿弥陀と呼ばれる阿弥陀如来像をはじめとする仏像が見事。声明(しょうみょう)の音色が響く独特の空間の中で向き合うことができます。私が訪れた日は、18時前から法要も行われていました。夜の大原に訪れる機会は少ないかもしれませんが、チャンスがあればぜひ訪れてみてください。

宝泉院 ライトアップ
宝泉院 ライトアップ

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です