二条城の早朝開城

二条城 早朝開城
二条城では今月から8月末にかけて、朝7時からの早朝開城が行われています。事前予約で「いそべ」さんの「京のゆば粥御膳」もいただくことができます。

二条城 早朝開城二条城では、この夏新しい取り組みとして朝7時からの早朝開城が行われてます。入城料金は通常と同じ600円(8月末までの火曜日は二の丸御殿の公開がないため400円)。二の丸御殿に入れるのは8時45分からですが、二の丸庭園や本丸庭園などを早朝から散策することができます。今回7時過ぎに訪れてみると、城内に人影はほとんどありませんでした。いつもは混雑している東大手門、唐門や二の丸庭園の前も全く人影がありません。人が写り込まない写真も撮りたい放題な状況で驚きました。これだけも京都ファンにとってはたいへん贅沢な時間です。

二条城 早朝開城東から西に向かって眺める二の丸庭園は、朝日を浴びて普段よりも美しく見えました。石に迫力がある印象です。往時は将軍もこうした光景を眺めていたのかもしれません。二の丸庭園の素晴らしい景色でさえも貸し切り状態で眺めることができました。本丸庭園も同様。どこまで行ってもほとんど人に出会いません。いつもとは違う場所のような感覚にもなるほどでした。

二条城 早朝開城そして、事前予約で通常非公開の香雲亭でお食事をいただける機会もあります。内容は「いそべ」さんの「京のゆば粥御膳」(1日30食限定・要予約:075-823-0223)。料金は2500円、時間は8時~9時になり、8時までに城内北の清流園にある香雲亭までお越しください(遅れても大丈夫ですが、終了は9時です)。城内には人影はほとんどなかったのですが、香雲亭に訪れると多くの人が来られており、この日は満席でした。

二条城 京のゆば粥御膳「いそべ」さんは円山公園にお店がある湯葉を得意とするお店。高台寺前では「羽柴」さんというお店も出されています。やはり味は美味。香雲亭内の椅子席はやや狭かったですが、清流園の眺めは抜群。このお庭は表と裏で表情が全く変わるのだと初めて知りました。ちなみに、上にエアコンのある席は、結露のしずくが落ちてくる可能性があるため注意を。食事後も9時まではゆっくり過ごせ、朝のすがすがしい空気の中で、心地よい時を過ごすことができました。

二条城 香雲亭お話によると、食事をご予約される方は半分ほどが京都の方とのこと。香雲亭は普段から外観は望めますが、中に入れる機会は滅多にありません。さらに今回はそこでお食事もできるという貴重な機会。地元の方が来られるのも頷けます。朝ごはんの予約が取れなかった方は、和楽庵でも喫茶メニューが提供されています(午前7時半~9時)こちらは予約不要ですので、訪れてみてください。食事の有無にかかわらず、人が少ないだけでも非常に価値があります。ぜひ早起きをして訪れてみてください。なお、通常7月・8月は火曜日は休城日ですが、今年は庭園の公開は行われています(二の丸御殿は非公開)。

二条城 早朝開城
二条城 早朝開城
二条城 早朝開城
二条城 早朝開城
二条城 早朝開城
二条城 早朝開城
二条城 早朝開城
二条城 京のゆば粥御膳
二条城 香雲亭

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です