久美浜千日会観光祭 大文字と灯籠と花火の競演 2017年

久美浜 千日会観光祭
8月9日に、京都府京丹後市の久美浜千日会観光祭があり、大文字と灯籠と花火の競演が見られます。

久美浜 千日会観光祭先日ご紹介をした京都府北部で最西端エリアにある久美浜。毎年8月9日には「千日会観光祭」があり、甲山に大文字が灯り、久美浜湾には灯籠が浮かべられ、さらに花火も打ちあがります。今回初めて見に行ってきました。行事の場所は久美浜湾の南の浜公園付近で、広い駐車場もあります。ただ、如意寺方面は車両通行禁止となるためご注意ください。灯籠は湾内8か所から流されるそう。花火は浜公園の至近で打ちあがるため、写真を撮られる方はある程度離れた場所を選ばれるとよいでしょう。

久美浜 千日会観光祭久美浜の「千日会」は、如意寺(にょいじ)の本尊・十一面観世音菩薩の千日詣りの一環で、この日にお参りをすると千日間参詣したのと同等のご利益があるとされます。京都市街地では清水寺のものがよく知られているでしょう。久美浜の行事は古くは代官所が置かれた江戸時代には行われていたとされ、水天流しと呼ばれる盆供養のロウソクを灯して湾内に流すもので、灯籠流しとも呼ばれて現在に受け継がれています。これらの行事は久美浜湾で亡くなった水死者の霊を弔う意味もあるそうです。

久美浜 千日会観光祭さて、行事は19時半から灯籠流し、大文字の点灯、花火大会が一斉に始まります。灯籠は久美浜の方々だけでなく、一般の方も500円で流すことができます。私も1つ流させていただきました。なお、灯籠はロウソクが燃え尽きると水に溶けるそうです。大文字は炎ではなく電気のようで、書き順の順番でバッと灯っていきました。

久美浜 千日会観光祭個人的には、花火は思っていた場所と違い目の前で打ちあがったので、花火と灯籠と大文字を一緒に撮るのは至難の業でしたが、迫力ある花火と、水面に浮かび幽玄な姿を見せる灯籠の競演を楽しませていただきました。灯籠は風や水の流れによって沖のほうへとどんどん姿を消していってしまうのが印象的。中には灯籠の紙に引火して燃え上がるものもありました。花火は20時20分頃まで打ちあがり、その後も大文字は21時まで灯されていました。花火は華やかですが、花火が終わっても穏やかな海に浮かんで離れていく灯籠の眺めが幻想的でした。機会がありましたら訪れてみてください。


久美浜 千日会観光祭
久美浜 千日会観光祭
久美浜 千日会観光祭
久美浜 千日会観光祭

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているDMM経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です