猛暑の影響で花傘巡行が中止に

花傘巡行
21日の夜になって、花傘巡行が中止となったとのニュースが入ってきました。

花傘巡行 子供神輿連日、厳しい猛暑が続いている今年の祇園祭。京都は20日まで連続7日間も38℃を超えていましたが、21日は37.7℃と8日ぶりに38℃を下回りました。とはいえ、体温を超える猛烈な暑さには変わりがなく、徐々に体力を奪われていますので、熱中症のリスクはむしろ高まっているといえます。この先も連日、37℃~38℃の予想となっており、まだまだ気の抜けない日々が続きます。

祇園祭 花傘巡行 7月この異常な暑さの影響で、24日に予定されていた花傘巡行が中止となってしまいました。花傘巡行は、昭和41年、それまで24日に行われていた山鉾巡行の後祭(あとのまつり)が17日に統合されたのをきっかけに、それに代わるものとして始まりました。その名の通り花傘が各所に登場し、約千人もの人が参列するという華やかな行列です。

祇園祭 花傘巡行 7月山鉾巡行に神輿が出る前に街を清める露払いの意味合いがあるように、花傘巡行にも還幸祭を前に花傘でもって厄を払うという目的があります。2014年以降は後祭の山鉾巡行が復活したため、祭り本来の意義は無くなっていますが、半世紀以上親しまれ、多くの子供や綺麗どころが参加する行事として人気が高く、現在も続けられています。

花傘巡行ただ、今年は猛烈な暑さによって子供が亡くなってしまう状況が発生しているため、安全を考えて花傘巡行自体が中止となりました。本当に異常な猛暑ですので、致し方ないでしょう。山鉾巡行や八坂神社での午後からの舞踊奉納は予定通り行われます。見学の方も暑さには十分に注意をしながらご覧ください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です