30日は拝観休止相次ぐ 台風に厳重警戒を

台風21号の被害 北野天満宮
台風24号が30日夕方から夜に京都に最接近となりそう。30日は各地で拝観等の休止が発表されています。

台風21号 東本願寺台風24号は沖縄で記録的な風を吹かせて北上しています。勢力は950hPaを維持して進んでくる見込みで、30日午後には和歌山県付近に上陸する見込みです。直撃を受けそうな和歌山県、奈良県から愛知岐阜三重の伊勢湾周辺などで、記録的な暴風や低い気圧が観測されそうです。場所によっては前回の台風21号以上の風が吹く恐れがあります。また、和歌山県から大阪湾や伊勢湾では高潮にも厳重に警戒をしてください。

台風21号の被害 荒神橋今回は関東も南部沿岸部を中心に暴風が吹きそう。京都は前回の南風とは反対の北風が強く吹く見込みで、前回とは違う場所で被害が出る可能性があります。大雨も台風本体の雨雲によって集中して降ります。大型で列島縦断という形になるため、九州南部・四国・近畿より東は北海道までどのエリアで死者が出ても不思議ではないレベルの台風です。雨戸を閉め、事前に避難を終えるなど早めに身の安全を確保してください。

台風21号の被害 大谷祖廟京都では社寺の拝観・参拝休止や、博物館の休館、行事の中止が事前に発表されています。特に午後からは徐々に風雨が強まり、夕方から夜の前半が最接近となります。外出は午前中までで、午後からの外出は避けて下さい。決して侮ることなく、最大限の警戒をお願いいたします。

お知らせ

「月刊茶の間 10月号」で10月の京都の行事の特集をさせていただきました。こちらのリンクより、先着3000名様に無料プレゼントも受け付けられています。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です