阪急で走り始めた「京とれいん雅洛」

阪急 京とれいん雅洛
3月23日より阪急で、観光特急京とれいん雅洛の運行が始まりました。

阪急 京とれいん雅洛阪急京都線の梅田~河原町間を走る「京とれいん」。和モダンな外装などが人気でこれまでも走ってきましたが、新たな編成として「京とれいん雅洛」が3月23日から運行されています。たまたま梅田駅で23日の運行初日に出会うことが出来ました。撮り鉄の方々が集まっていて写真や動画を撮っておられましたが、それだけ注目をされているということでしょう。運転日は土日祝に限られるそうで、運行時間帯も決まっています。詳細は阪急のホームページをご確認下さい。なお、乗車に追加料金は不要です。

阪急 京とれいん雅洛私もまだ乗ったことはなく、直接この目で見て体感した感想はこれからにはなりますが、阪急のホームページによると、1号車・6号車は「ゆったりとした京町家」をイメージした空間となっているそうで、座席間隔を広く取った畳調のボックスシートが並ぶそうです。3号車・4号車は車窓の景色を楽しめるよう、窓向き座席とカウンター席が設置され一人座席も多く配置されているそうです。2号車・5号車は「枯山水の庭」や「京町家の坪庭」を中央にあしらった造りとなっていて、庭の向かいには畳座席が配置されているとのこと。京都らしさを表現する丸窓も各車両にあり、京都へと向かうわくわく感も高まることでしょう。外観も扇形の中に四季の意匠が描かれるなど、印象的な部分がありました。機会がありましたら、ぜひ私も乗ってみたいと思います。

阪急 京とれいん雅洛
阪急 京とれいん雅洛
阪急 京とれいん雅洛
阪急 京とれいん雅洛
阪急 京とれいん雅洛

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です