竹の寺・地蔵院の紅葉

地蔵院 12月15日
15日の話しですが、洛西にある竹の寺・地蔵院の門前の紅葉が綺麗でした。

地蔵院 12月15日多くの参拝者で賑わう鈴虫寺の南にあるお寺が地蔵院です。地蔵院は入口の竹の参道がたいへん美しい一方で、カエデの木も多く、紅葉シーズンには隠れた紅葉スポットとも言えるお寺です。寺は室町幕府の管領・細川頼之が創建した大寺でしたが、応仁の乱によって衰え、現在は再建された本堂と方丈、庫裏などが佇む静かな境内となっています。枯山水の十六羅漢の庭も知られています。

地蔵院 12月15日今年は紅葉が遅くまで残っていたため、15日の段階でも入り口の参道の紅葉は見事な光景でした。この場所は日陰のカエデのため、色は黄色味を帯びているのが特徴です。現在はすでに状況が変わっているかもしれませんが、竹の美しさなど四季の魅力があるお寺ですので、付近に行かれる際には、ぜひ訪れてみて下さい。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です