妙顕寺・妙覚寺の紅葉

妙顕寺

21日に妙顕寺妙覚寺を訪れました。

妙顕寺妙顕寺は、京都に日蓮宗を広めた日像上人によって創建されたお寺で、門下唯一の勅願寺として後醍醐天皇からも信仰された寺院です。境内は桜や紅葉が美しく、近年は芸術作品の展示とともにライトアップが行われるのが恒例となっています。今年も「まるごと美術館」として周辺の寺院とともに、アート作品や伝統工芸の展示が行われています。

妙顕寺21日に訪れた妙顕寺の紅葉はちょうど見ごろで、さらに境内では丸窓や水琴窟、光琳曲水の庭など、多彩なお庭を楽しむことができます。アートの展示を含め、多くの見どころがありました。また、昨年に続いて菊の浮かんだ手水鉢も出ており綺麗でした。

妙覚寺一方、妙覚寺の方は紅葉がかなり散っていました。例年進みが早いお寺で散紅葉も綺麗です。歴史的には織田信長や信忠が定宿としたお寺で、斎藤道三の子である日饒(にちじょう)上人が入った縁もありました。今年は大河ドラマでも妙覚寺のシーンが登場しています。こちらも合わせて訪れてみて下さい。「まるごと美術館」は妙蓮寺も含めて12月6日まで行われ、ライトアップも開催中です。

妙顕寺

妙顕寺

妙覚寺

妙覚寺

『京ごよみ手帳2021』休刊のお知らせ

宮帯出版社様より例年発行されております「京ごよみ手帳」の2021年版は、残念ながら休刊となっております。新型コロナウィルス感染予防のため様々な行事が中止・縮小され、来年の行事予定がわからないという場所が多い状況です。毎年、ご利用頂きました皆様にはご不便をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です