観光客が少なく静かに佇む金閣寺

金閣寺を訪れました。現在は観光客がまばらで驚くほど静かです。

金閣寺

以前は国内外からの観光客で賑わっていた金閣寺。現在は人が少なく、静かに境内を楽しむことが出来ます。その象徴である金色の舎利殿(金閣)は、一層目は貴族の時代の寝殿造風、二層目は武家造風、最上階の三層目は禅宗の造で、屋根には天下を治める者が正しい政治を行った際に舞い降りるという鳳凰もあしらわれています。金閣はわずか10歳で将軍になった足利義満がたどり着いた、栄華の極みだったのでしょう。創建した当時は最上階のみが金箔で、二層目は黒漆(くろうるし)だったという説もあります。いずれにせよ、それだけ金は貴重だったといえそうです。残念ながら当時の建物は、70年ほど前の1950年に放火によって焼失し、5年後に多くの方々の寄付を中心に再建されました。

金閣寺

しかし再建から10年を経て、金箔が剥げ出してしまいます。室内と違い、直射日光による紫外線や風雨にさらされる環境は、通常の金箔では長く持たなかったようです。ということで、1986年から当時のお金で約7億4千万円もの金額を投じて金箔の張り替えが行われ、現在の輝きとなりました。実は、焼けてしまう前の金閣の屋根に輝いていた鳳凰は、焼失を免れて現存しています。義満も眺めたであろう鳳凰をいつか見てみたいものですね。

金閣寺 鏡湖池

池に浮かぶ大きな島は日本列島を表し、石は各地の大名から寄進を受けたもの。特別名勝に指定されているこの庭園こそが、金閣寺が世界遺産たるゆえんです。ビルや送電線などの近代的な建物も見えず、山々を含めた広い眺めは京都でも随一。ぜひ、お庭の方にもじっくりと目を向けてみてください。

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です