台風2号 上陸にも警戒を


台風2号の進路が定まってきました。27日12時の予想では、上陸も十分に考えられる進路です。時期外れですが、警戒を怠らず最新情報を入手してください。

台風の強さの表現

台風2号は、29日(日)の夜から30日(月)前半にかけて、九州・四国・本州に接近ないし上陸する可能性があります。27日12時現在は「猛烈」と呼ばれるカテゴリーにあります(920hPa 最大風速55m/s)。私たちの日常生活で「猛烈」という言葉はまず使いませんので、とにかく強いんだなといった印象を受けるでしょう。
台風の強さは、気圧ではなく中心付近の最大風速で分類されます。境目はm/s表記では端数となりますが発表上は5m/s単位にまとめられます。また、ここでの最大風速とは「10分間の平均風速」の最大のことで、瞬間的には1.5倍から2倍程度の風が吹きます。27日12時の台風2号の最大瞬間風速は75m/sとなっています。

強さ 最大風速(10分間の平均風速の最大)
(表現しない) 33m/s(64ノット)未満
強い 33m/s(64ノット)以上 44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上 54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上

風速(m/s)と1平方メートル当たりの風圧(kg重)との相関は「0.05×風速×風速」の公式があります。風速を2乗して20で割ってください。例えば、20m/sの風が吹くと1平方メートル当たり20kgの圧力、40m/sだと80kgの圧力となり、風速は2倍でも圧力は4倍となっています。風速の増加がいかに危険かが分かると思います。具体的な体感や被害の目安はこちらをご確認下さい。「今日は風が強いな」と感じる強さでもせいぜい5-10m/s程度です。

風への警戒

さて、報道でも「猛烈な台風が接近」と伝えていますが、ことさらに不安感を与えるのは疑問です。猛烈な状態では日本付近にはやってきません。今後は台湾くらいの緯度から北に入ると急速に衰えて行きます。30日9時の勢力の予想は「980hPa 最大風速30m/s」で、強いにも該当しないほどまで衰えます。衰える理由は、台風のエネルギー源である海水の温度が低い領域に入り、それまでの強さを維持できなくなるためです。具体的な勢力の予想も出されていますので、より正確な報道を行っていただきたいと思います。
ただし、もっとゆっくりならば日本に来る前にかなり弱まるはずですが、今回は衰えながらも形を保ってやってきそうですので、最新情報に基づいて暴風への警戒はきちんと行うべきだと考えます。そもそも、台風に「風が弱い」ものなど存在せず、風が弱いならば台風ではいられません。猛烈ほどではありませんが、台風はやはり風が強いもの。大切なのは「正しく恐れる」ことでしょう。

大雨への警戒

もう一つは、大雨。今夜から本格的に降り始めます。雨量予測は最新の報道を参照いただきたいのですが、梅雨入り早々かなりの雨量となりそうで、大雨で災害が起こりかねない危険な気圧配置です。特に東日本では地震で地盤が緩んでいるところも多い中での本格的な雨となりそうです。正直、これからの大雨の時期には、予想だにしない災害が起こってもおかしくはないでしょう。あれほどまでに地面が揺さぶられて地盤も沈下しています。具体例は省きますが、これまでの治水や土砂災害の知見と対策では補いきれないことが起こる可能性もあるでしょう。大雨による災害も運の部分がありますが、危ないと感じれば避難勧告が出る前に避難をする、少なくとも避難をできる準備をしておくことは必要かと考えます。
気象庁 台風2号情報
気象警報注意報
川の防災情報(河川の水位データ)

なお、気象台は、近畿地方では26日に史上2番目の早さで梅雨入りさせました。27日午前中には東海や関東も梅雨入りさせました。しかし、まだ梅雨入りさせていない地域もあります。九州北部は、27日午前中の梅雨入りを見送りました。ここにも、梅雨入りが人為的である動きが見て取れます。(なお、台風の判定も人為的な要素が強いものです。)
台風2号は、しっかりとした状態で迫ってきます。週明けの通勤・通学にも影響する可能性があります。京都付近を通り、大雨に暴風が吹くというのも十分ありえる話。日本付近で動きが遅くなる兆候もあります。5月だからとか、今までも大したことがなかったからなどではなく、警戒を怠らず最新の情報を入手してください。
 

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として9年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です