信長ゆかり建勲神社・船岡祭


19日は船岡山にある織田信長ゆかりの建勲神社(けんくんじんじゃ・たけいさおじんじゃ)で船岡祭が行われ、「人間五十年」で知られる敦盛の舞などが披露されました。

船岡祭は織田信長が上洛した1568年10月19日にちなんで行われる神事です。建勲神社の祭神は織田信長。秀吉の時代に時の天皇から許可を得て、船岡山を信長の霊地にしたことに始まり、明治時代に天皇の権威を回復しようとした功績が再評価されて明治天皇の命によって神社が築かれ、後に同じく本能寺で亡くなった信忠も祭神に加わりました。現在の社殿へはきつい階段を登って到着します。神社からは大文字山が正面に見え、観賞の穴場ポイントとなっています。信長が焼き打ちをした比叡山もよく見えます。

さて、船岡祭の行事は敦盛の舞と、小学生による舞楽の奉納があります。また3年に1回火縄銃の実演もあるのですが、今年は行われない年。順番で行けば来年が火縄銃が披露される年です。それほど広くない境内で放たれますのでかなり面白いと推測されます。楽しみですね。

敦盛の舞は「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり 一たび生を得て 滅せぬ者のあるべきか」の一説がよく知られています。敦盛は、源平時代の武将・平敦盛のことです。一の谷の戦いで熊谷直実に打たれてしまいますが、直実は我が子と変わらない若さにためらったとされています。直実はこの事件がきっかけで仏門に帰依し、「人間五十年」の下りは直実が出家をして世をはかなむ場面になります。

船岡祭のもう一つの見どころは、毎年変わる宝物の展示。今年は信長の鎧櫃(よろいびつ:鎧をしまう入れ物)と、重臣の鎧が展示されました。敦盛の舞と舞楽の様子は短いですが動画もありますのでご覧ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として9年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 建勲神社 を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です