三明院の紅葉 小雪の京都


22日は二十四節気の一つ小雪(しょうせつ)でした。実際に雪が降ったわけではありませんよ。洛北では紅葉が見ごろの場所もあり、中でも穴場の三明院をご紹介します。

季節感のずれ

まずは「小雪」から。今回も嵐電の二十四節気の動画をご覧ください。この小雪と次回の大雪(たいせつ)の節気は現代の一般的な気候からはずれている印象が強いものです。小雪は暦便覧によると「冷ゆるがゆえに雨も雪と也てくだるがゆえ也」と表現されています。実際には京都の初雪の平年日は12月15日で約1カ月のずれがあり、なかなか厳しい。ただ、この時期に雪が降ることが全く無いかというとそうではなく、山では例年雪が降り始めるころ。もうあと一歩のところまで初雪は迫ってはいるのです。また、近年の京都では2002年が記録的に初雪が早く、なんと「11月9日」に観測をしています。

2002年は10月の終わりに私が気象予報士になったばかりの年で、この時のことはよく覚えています。まず天気図が11月とは思えない状況。雪が降ってもおかしくないと判断しながらも新米予報士の私は本当に当たるのか不安でいっぱい。11月8日は翌日に控えたデートに備えるべく一乗寺へと出かけ、ルートの下見をしていました。そんな一乗寺のきつい坂を自転車でえんやこらと登っているとき、不意にみぞれが降ってきたのです。11月の初めに降る驚きと同時に「当たった」と生の天気図から予報を当てる喜びを感じた瞬間でした。みぞれ(雪)は円町にある気象台でも観測されたようで、それが、きっとこの先も忘れないであろう2002年の初雪となりました。

話を元に戻しましょう。小雪が現代に合わないのであれば何がよいでしょうか?今の時期の象徴である「紅葉」なんてのも面白いかもしれませんし、京都の初氷の平年が11月29日ですので「凍水」や「氷結」、雪にこだわるならば山で初めて雪が積もったことが麓から観測される初冠雪にちなんで「冠雪」「望雪」というのもどうでしょう。昨日は京都まですぐそこの比良山でも初冠雪となり、紅葉に夢中になっている間に冬はそばまで近づいて来ました。24日・25日も寒くなりそうです。

その京都の紅葉、今週の寒さで一気に進み、今週末に見ごろを迎えるところも増えてきそうです。紅葉の様子は一週間違えば全く変わり、2日~3日でも違いがわかります。また、今年は来週がかなり暖かくなるため、色付いた紅葉が長持ちするという予想もあります。12月にかけて各地で紅葉が楽しめることでしょう。それにしても今年の天気図はおかしい。かつて、1990年11月30日に台風が和歌山県に上陸したことがあり、いったいどんな天気図なのだろうかと思っていましたが、きっと今年のような天気図なのでしょう。来週はそれだけ季節外れの暖かさとなります。

明日のブログでは、今週末におススメの穴場スポットをご紹介したいと思います。と、その前に三明院の紅葉。

三明院の紅葉

京都に詳しい方でも三明院をご存じの方は多くはないのではと思います。京都検定のテキストにも出ていなければ、ガイドブックに載っているところを見たこともありません。もしかすると業界では紹介してはいけないことが決まりの場所なのかも…と思いつつ、お寺には拝観お断りの文字がありませんでしたので、書いてしまいます。京都旅屋もまだ有名ではなく読者も少ないはずですので、このブログを読んで行かれる方も少ないことでしょう。

場所は洛北、蓮華寺と三宅八幡宮の間にあります。岩倉へ向かう道からも多宝塔が美しく見えるのですが、普通に行ってはたどり着けないお寺です。私が初めて三明院と出会ったのは学生時代のこと。正面から近づくと道に段差があってお寺にはいけませんでした。当時は道に迷いながら何とかたどり着きました。今はスマートフォンやカーナビなどで簡単に地図が見られるので、迷うことは少ないかもしれませんね。最も簡単な道順は、三宅八幡宮の鳩の狛犬から水車の方を目指し、そのまま真っすぐ行って下さい。程なく、紅葉に彩られたお寺が突然現れます。

さて、境内は本当に紅葉がたくさんで今まさに真っ赤になっています。例年、蓮華寺は紅葉が遅く、三宅八幡宮は普通からやや遅い。三明院は日当たりがよいのでやや早いという関係にあります(以上、私の経験則)。三明院は真言宗のお寺で、ご本尊は弘法大師像。元は山形県にあったそうですが、1907年(明治40年)に上高野出身の佐竹信光和尚が再建したそうです。シンボルの多宝塔は昭和36年に完成し古いものではありません。しかしその分、一層目に上がることもできて見事な眺望が楽しめます。

真っ赤な紅葉に素晴らしい眺め、写真で伝わりましたでしょうか。そして人が少ない、というよりほとんど誰もいない。蓮華寺だけで帰るのはもったいないというものです。三宅八幡宮の紅葉もまだ本格的な見ごろはこれからですが、水車とマッチした紅葉も風情があります。三明院や三宅八幡宮、蓮華寺の昨日(22日)の様子はFacebookで公開しています。参考にご覧ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 三明院 を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です