山科義士まつり 連判状改め


12月14日に行われた山科義士まつり。椥辻のスーパーの駐車場では、忠臣蔵の再現劇や連判状改めなどが披露されました。今回は連判状改めなどの様子を動画でご紹介します。

前回のブログでは、毘沙門堂からの義士隊行列の様子をご紹介しました。今回は、スーパーのヒカリ屋駐車場で行われた、再現劇のなどの様子です。駐車場に一行が到着する頃には、既に大勢の方が劇や列の参加者、子どもたちの晴れ舞台を見ようと集まっていました。駐車場に設けられたステージは見晴らしがよく、背後の山並みや空が綺麗に見えて、写真が映えます。

まずは子ども義士隊による太鼓の演奏です。小さい子どもたちですが、その迫力ある太鼓の音や立ち回りの見事さには驚かされます。よほど練習して来たに違いありません。毎年子どもたちは変わるのだと思いますが、こうしてお祭りに加わって、山科を盛り上げてくれます。

続いても、子ども義士隊による連判状改め。山科区長に四十七士の名前を連ねた連判状を見せるのですが、子どもたちの一生懸命な演技が見どころ。「ははぁ~!」と勢いよく区長さんにかけよるその可愛らしさに、会場中から笑いや歓声が上がっていました。

この後は、いよいよ忠臣蔵の再現劇が始まりますが、その様子は次回にお届けします。劇の途中には大人の義士隊による連判状改めが行われました。大石内蔵助の太鼓の合図で義士たちが集まり、内蔵助の威厳ある掛け声や、勇ましい勝ちどきが見どころです。是非、動画でもご覧ください。



ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です