梅雨入り前の晴天 暴風災害の記憶

新緑の一休寺
今週は京都も晴れが続いていますが。早ければ27日か28日にも梅雨入りする可能性があります。また、オクラホマの竜巻の報道を見ながら、かつて京都でも起きた暴風の悲劇を思い出します。

京都 5月23日本日(23日)の京都は快晴の空が広がりました。22日からは空気の質が違って、乾いた比較的過ごしやすい晴れです。日差しの強さはもう夏休みのころと変わりませんので、紫外線対策も十分に行ってお出かけ下さい。この晴れは26日の日曜日まで続きますが、その先に待っているのは、突然の「梅雨」かもしれません。近畿地方では、最速27日(ないし28日)にも梅雨入り発表の可能性があります。

新緑の一休寺2011年には5月22日に梅雨入りさせているので、気象台も心理的な負担が少ないはず。気圧配置的にも、早く梅雨入りさせて警戒心を高める方がよいのではと、個人的には思います。来週は、梅雨入りするかしないかに関わらず、梅雨も後半から終盤のような気圧配置になりそうで、西日本から東日本にかけて大雨のリスクは高いです。今日のカラっとした空気から一転して、蒸し暑さも格段に高まってきますので、心づもりをしておいて下さい。

新緑の一休寺梅雨は春夏秋冬に加わる5つ目の季節だという専門家もいますが、仮にそうだとすると、梅雨は一年の中で唯一、人間が人為的に境目をつける季節でもあります。梅雨入りは「大雨の季節が始まる」ことを告げるもので、平成に入ってからの災害史を見れば、今年も激甚な災害に日本のどこかが見舞われてしまう危険が極めて高いでしょう。京都も昨年は7月に洛北から洛西・亀岡にかけて1時間に90mmという豪雨があり、8月には宇治で3時間で190mmが解析される猛烈な雨が降り、大きな被害が発生しています。台風シーズンが終わる10月にかけて続く大雨の季節が、目前に迫っています。

宇治橋からの宇治川京都市街地もいつ豪雨災害に見舞われても不思議ではありません。実は、明日(24日)の20時~21時に、ラジオ「α-STATION(FM京都)」で放送される「時代マップミーティング」という番組内にて、私が京都の水害について話している場面が放送予定です。初めてのラジオ収録でしたので、きっと上手くは話せていないと思いますが、よければ聞いてみて下さい。

同志社大学 田辺キャンパスさて、報道では連日、オクラホマの巨大竜巻の被害が伝えられています。風速は90m/sとも報じられ、1平方メートルにかかる風圧は405kgにも達する激烈な暴風です。コンクリート造りの建物でさえも危険になるほどの圧力が風によってもたらさられます。風には「風速が増すと圧力が急激に強まる」という性質があります。具体的には、風速の増加分に対して「2乗」で風圧が増えます。5m/sの風が2倍の10m/sになれば、風圧は2倍ではなく4倍になり、5m/sの風が20m/sになれば風圧は16倍となります。つまり90m/sという風は、5m/sを基準にすれば、風速では18倍ですが、圧力は324倍にも達するのです。

室戸台風 南禅寺前今回の竜巻では、崩れる校舎のなかで身を呈して生徒を守った教師の話がありました。荒れ狂う風の中では自分自身も非常に恐ろしかったはずですが、それでも子ども守らねばとするのは人の本能なのかもしれません。同じような話が、かつて京都など京阪神でもありました。昭和9年9月21日朝、京都の過去130年以上の観測史の中で、最も強い風を吹かせた室戸台風のときです。

倒壊した西陣小学校台風の動きが速く、しかも情報網が発達していなかった時代のこと。台風が近づくまではやや風が強い程度の感覚で、皆いつもどおりに学校へと向かっていったのです。しかし午前8時過ぎには激烈な暴風が吹き荒れて、数々の木造校舎が倒壊。多くの子どもたちが犠牲となりました。西院の淳和小学校(現在の西院小)では32名の子どもたちが亡くなりました。

師弟愛の像そして教師でただ1人命を落としたのが松浦寿恵子先生(訓導)です。松浦先生は7人の子どもたちに覆いかぶさって崩れる校舎から奇跡的に守りぬき、その代償として自らは帰らぬ人となりました。享年は31歳。彼女の行動は人々の心を打ち、現在も円山公園から知恩院へと出た場所に「師弟愛の像」として、子どもたちを守る先生の像があります。多くの観光客が行きかう界隈、ふとこの像にも目をとめてもらえたらと思います。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です