夏の龍安寺 睡蓮咲く鏡容池

龍安寺 睡蓮
夏の午前中にお勧めなのが龍安寺。鏡容池は京都屈指の睡蓮の名所で、池には無数の睡蓮が咲き誇っています。

龍安寺 鏡容池5日の京都は、一時的に激しい雷雨に見舞われました。降水強度は10分で20mmほどで、瞬間的には「猛烈な」降り方をするランクとなりました。幸いにも長時間は続かなかったため、局地的でも60mm/h程度で収まったと思います。しかし、これだけの雨が降れば無事で済むことはありえず、各地で道路冠水が発生。京都駅では地下街のポルタが浸水しました。ポルタは浸水の常習エリアですので、大雨時は注意されるとよいでしょう。また、排水系統から水が逆流する内水氾濫も一部では起きたようです。なお、京都の10分降水の記録は、昨年の7月15日に観測された10分26mm。洛北や亀岡で大きな浸水被害が発生しました。

龍安寺 鏡容池数十分での激しい雨による浸水では、あっという間に水位が上がる一方、雨が収まれば比較的早く水は引いていきます。しかし、短い時間でも床上に浸水してしまうと被害は甚大。置いてあるものは、ほぼ全てゴミとなってしまいますので、浸水害は想像に悲惨です・・・。6日からは次第に高気圧の勢力が強まるため安定してきますが、今度は厳しい猛暑が続きます。こちらにも十分に警戒をして下さい。

龍安寺 睡蓮京都は基本的には四季折々に美しいのですが、やはり場所によって「旬」の時期があり、このブログではできるだけその「旬」の場所をお届けしようと思っています。夏の午前中にお勧めなのは龍安寺です。龍安寺といえば石庭が有名ですが、実は鏡容池周辺の風景は京都の中でも非常にレベルの高いものがそろっていて、桜も紅葉も一流。苔も見事で、石庭は世界的に有名です。私は、京都初心者には、龍安寺と二条城はよくお勧めします。どの時期でも人々が求める「京都」に出会える場所だからです。

龍安寺 睡蓮この時期も当然のようにお勧めで、特に朝一番に龍安寺を訪れてみると、池に広がる満開の睡蓮に出会えます。実は鏡容池は京都屈指の睡蓮の名所。その規模は平安神宮をしのぐほどで、龍安寺以上に大規模な場所は他にないかもしれません。東から指す午前中の太陽に照らされて、睡蓮は輝くように美しく、石庭への気持ちも高めてくれることでしょう。

龍安寺また、夏の朝9時台の龍安寺は人が非常に少ないです。境内の至るところが「貸切」となり、石庭の人もまばら。春や秋の混雑ぶりを知っていると、驚くほどの光景でしょう。その分、龍安寺の魅力を満喫できる時間帯。まだ行かれたことのない方は、是非一度、夏の朝一番の龍安寺にも足を延ばしてみてください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です