晴明神社 晴明祭 神輿の戻り

晴明祭 神輿
9月23日に晴明神社の晴明祭が行われました。まいまい京都さんの散策を終えた後、晴明神社に向かうと、ちょうど神輿が戻ってくる場面でした。

晴明祭 神輿晴明神社のみならず、神輿にはその神社のご祭神が乗って巡行するとされます。晴明神社のご祭神は安倍晴明ですので、神輿には安倍晴明の御霊(みたま)が乗っていることになりますね。神社といえば普段は厳かなイメージですが、うらはらに神輿振りは勇ましく、上下に揺らして大きな音でカンを鳴らしたり、差し上げたりをします。こうして神輿を激しく揺さぶること(魂振り)によって神の力が増し、そうして巡行をすることで、広く氏子圏に神の御神徳が行き渡ると考えられています。

晴明祭 神輿晴明神社に戻ってきた神輿も、鳥居前で激しく揺さぶられてから鳥居をくぐって境内へと戻っていきました。境内に入っても、拝殿の前で差し上げが行われて大いに盛り上がりを見せます。神輿振りは、担ぎ手たちの腕の見せ所、氏子たちの結束の証なのかもしれませんね。最後は、三本締めを行って、今年の晴明祭も無事に終了しました。

晴明祭 子ども神輿京都では、こうした秋祭りがこれからも次々と続いていきます。お祭りファンの方には非常に忙しい時期に入ってきました(笑)観光客の方も、恐らく思いがけず神輿やお祭りの巡行列に出会うこともあるでしょう。いよいよ10月。すでに北野天満宮の「ずいき祭り」も始まってきています(近日中にブログに書く予定です)。

晴明祭 神輿今年の京都は、10月1日の気温が30.6℃まで上がり、10月としては14年ぶりに30℃以上の「真夏日」を記録しました。本日(2日)も29.4℃と引き続いて暑い一日でしたが、明日(3日)以降は暑さも落ち着いてくる見込みです。過ごしやすくなる時期、是非京都にお越しください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。
ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です