祇園祭 宵山は最高潮!山鉾巡行へ!

宵山 長刀鉾での稚児
今夜の京都は祇園祭の宵山が行われ、盛り上がりは最高潮に達しています。17日は前祭(さきまつり)の山鉾巡行。夜には八坂神社か神輿が出る神幸祭が行われます。

宵山 長刀鉾での稚児15日から歩行者天国となり、人出は15日としては昨年より5万人多い28万人が訪れました。今夜はさらに多くなることでしょう。この熱気とざわついた雰囲気もまた祇園祭の一部です(賛否はありますが)。今夜(16日)は、宵山での長刀鉾の稚児のお披露目がありました。わずかの時間ですが、お稚児さんが多くの人たちの前に姿を見せてくれました。

山鉾巡行 注連縄切りいよいよ17日は山鉾巡行。お稚児さんには注連縄切りや稚児舞という大役がありますが、無事に成し遂げてくれることでしょう。今年から後祭が復活するため17日の巡行に参加するのは23基の山鉾。巡行が通過するまでの時間も短くなり、より見やすくなるのではと思います。明日もきっと多くの方で賑わい、豪華絢爛な山鉾に拍手が送られると思います。

神幸祭 西御座の神輿差し上げそして夜には八坂神社から神輿が出る神幸祭が行われます。18時過ぎの八坂石段下での3基の神輿の出発式は壮観です。それぞれの神輿が氏子地域を進みながら、深夜に四条寺町の御旅所に神輿が入ります。神輿は1週間鎮座をして、24日は後祭(あとまつり)の山鉾巡行と花傘巡行が行われて、夜の還幸祭で神輿が八坂神社に戻っていきます。21日~23日は後祭の宵山。今年の祇園祭はまだまだ見逃せません。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です