沖縄本島で観測史上初の雪を観測!

大徳寺
沖縄本島の名護でみぞれが観測され、観測史上初めて沖縄本島で雪が降りました。

京都御苑 閑院宮邸跡沖縄本島で今夜「雪」が観測されました。正確には「みぞれ」ですが、みぞれは雨と雪が交じった状態ですので、記録上は「雪」と同じ扱いになります。沖縄県で雪が観測されるのは、1977年に久米島で降って以来39年ぶり。今回は再び久米島で観測されたのに加え、初めて本島の名護でも観測されています。まさに歴史的なことです。

京都御苑 京都観光神社日本で雪が降る南限はどこかという話になる場合、久米島で観測されたことがあるというのは気象関係者の間では有名な話。さらに今回は奄美大島の名瀬でも115年ぶりにおなじくみぞれによる雪を観測。まさに「本でしか読んだことがない」ことが同じように起こり、そして今後は「沖縄本島でも雪が降ることがある」ということが本に載るでしょう。沖縄の海では、低温で仮死状態になった魚が砂浜にうちあげられているのも見つかったそう。一時的な低温とはいえ、海産や農作物をはじめ、大きな影響が出ないことを願います。

丸太町通今回の寒気は、沖縄や九州を中心に記録的な低温をもたらしました。寒気が西回りでやって来たことが要因で、陸地である朝鮮半島の下流になる九州や山口県では、特に強烈でした。昼間でマイナス3度前後というのは目を疑う程です。今後、峠は越えるものの25日にかけて記録的な低温が続きますのでご注意を。幸いなのは長続きしないこと。この寒波がいわゆる「ラスボス」で、最後の山場。そして一般的に考えて、今回の寒気が40年に1度レベルであるならば、これ以上の寒気はもう今シーズンはやってこないでしょう。今週末からは再び気温が平年よりもかなり高くなります。体調管理には十分にお気を付けください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です