京都御苑のサルスベリ

京都御苑のサルスベリ
京都御苑では赤いサルスベリが綺麗に咲いています。

京都御苑 拾翠亭京都御苑の中には立派なサルスベリの木が点在をしていて、目を楽しませてくれます。多いのは、御苑南西の拾翠亭(しゅうすいてい)の周り。毎週、金曜日・土曜日に限って一般公開される一流公家の茶室から眺めるサルスベリの光景は、京都の夏を代表する光景の一つだと思います。

京都御苑のサルスベリサルスベリは中国南部原産の木で、江戸時代のはじめに日本に入ってきたとされる植物。中国では宮廷に植えられた花木でもあります。御所の正門で、基本的に天皇だけが通ることができる建礼門をバックにした風景には、まさにサルスベリがふさわしいのかもしれません。また、御苑の南東にある寺町御門の前にも美しいサルスベリが咲いていて目を引きます。こうして歴史的な建築にもよく似合う花だと思います。まだまだ暑い日が続きますが、今年は御所や京都迎賓館の通年公開も始まっています。御所を彩る夏の花にも目を向けてみてください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です