京都 最早記録でソメイヨシノが開花

ソメイヨシノ 開花

16日に京都のソメイヨシノの開花宣言が出されました。平年より12日も早く、1953年の統計開始以降で最も早い開花です。

ソメイヨシノの開花宣言いよいよ京都のソメイヨシノも開花しました。二条城にある標本木を気象台の職員さんが目視で確認し、5輪以上開花していれば開花宣言となります。今年は各地で記録的に早い開花が相次いでおり、京都も1953年の統計開始以降で最も早い開花となりました。これまでの最早は2002年の3月18日で、2日更新となりました。個人的には2002年は学生時代ですでに京都におり、当時のことを思い出しました。

八坂神社市街地のソメイヨシノで、特に二条城の標本木よりも開花ペースが早いのは、木屋町通などの街中の木です。ソメイヨシノはクローンですので、開花が早いのは平均気温が高いことを表しています。2018年の京都新聞さんの調査で、街中の気温が郊外よりも明らかに高いという観測結果が出ているように、京都の中でも気候の違いで多少の開花タイミングのずれが出てきます。

近衛邸跡私の桜講座の資料で「ランク1」をつけた、早咲きの桜は見ごろに入ってきています。ソメイヨシノが開花してから満開までの京都の平年は8日間ですが、一般的には平年より早く咲いた年は寒の戻りにあいやすく、満開まで時間がかかることが多いです。ただ、今年はこの先の気温も高めに推移しそうで順調に満開を迎えそう。3月24日~26日には満開になる予想が民間気象会社から出ています。過去最早の満開宣言は2002年と2018年の3月28日ですので、満開も最早記録を更新しそう。今年はあっという間に本格的な春がやってきそうです。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です