東山花灯路 清水寺~八坂の塔

13日まで行われている東山花灯路。今年で最後を迎えます。清水寺から八坂の塔の光景をご紹介します。

清水寺

今年で20年の歴史に終止符を打つ東山花灯路。清水寺には「ARTISTS’ FAIR KYOTO」で芸術作品が展示されており(日中一部有料)、Yotta氏の大きなこけし「花子」や、ヤノベケンジ氏が京都芸術大学の学生10人と制作した「KOMAINU ―Guardian Beasts-」が無料で見られ、話題となっています。

清水寺 こけし「花子」

「花子」は日中は話すそうですが、夜は静かでした。また他の芸術作品の公開は日中のみとなっています。この展示も13日までのためご注意ください。

KOMAINU ―Guardian Beasts-

八坂の塔は毎夜照らされていますが、花灯路期間中は屋根の周囲が金色に輝いて、より一層華やかに美しく見えました。多くの方がカメラやスマホを構えて写真を撮っているのが印象的です。

八坂の塔

東山花灯路はいよいよ13日で最終日。本当に残念ですが、これまで様々に美しい光景や貴重なイベントを見せて頂けたことに感謝をし、名残を惜しみながら眺めてきました。

八坂の塔

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に5年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

「京都夜桜生中継2022」に出演予定

3月30日(水)19時頃~、KBS京都、BS11で放送予定の「京都夜桜生中継2022」に出演させて頂く予定です。詳細はリンク先をご確認ください。

京ごよみ手帳2022

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です