曼殊院の新緑とキリシマツツジ

洛北の曼殊院を訪れました。新緑とキリシマツツジが綺麗でした。

曼殊院

曼殊院は、天台宗の門跡寺院で、五箇室(ごかしつ)門跡のひとつに数えられます。他の4つは、青蓮院、三千院、妙法院、毘沙門堂です。創建は、最澄が比叡山に建立した一堂に始まり、明暦2(1656)年、良尚法親王のときに現在地に移り、建物や庭園が整備されました。明治初期までは北野天満宮の管理職(別当)も兼務していた関連で、門前には天満宮も祀られています。

曼殊院

良尚法親王は、桂離宮を整備した八条宮智仁親王の子で、兄は智忠親王です。良尚法親王も芸術面で秀でた方であったため、曼殊院に残る書院には、桂離宮とも共通する部分があるのが特徴。瓢箪の形をした引手や富士山形の釘隠し、表裏の菊の彫刻がほどこされた欄間など、細部にまでこだわりを持って造られています。良尚法親王自身も書や絵を残しており、そのセンスの高さには感嘆させられます。

曼殊院

書院が面する深山と海洋を表現した庭園は趣があり、据えられたフクロウに似た彫刻があしらわれた手水鉢も名高いです。今はキリシマツツジも綺麗で、新緑の美しさも印象的。特にキリシマツツジの真っ赤な花は新緑によく映えます。ご覧になりたい方は、お早めに訪れてみてください。

曼殊院

なお、再建が進んでいる宸殿は、建物の外観が姿を現していました。明治の初めまでは大玄関と大書院との間に「宸殿」があり、そこが本堂でした。明治5年、京都府療病院(現・京都府立医科大学付属病院)の建設に際し、建物が寄付されて現存しておらず、曼殊院では再建の費用を募ってきました。悲願ともいうべき宸殿の姿。参拝できるのはまだ先となりそうですが、真新しいその姿に心動かされるものがあります。

曼殊院
曼殊院

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に5年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

京ごよみ手帳2022

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です