府立植物園に咲く「奈良の八重桜」

26日に、京都府立植物園へ「奈良の八重桜」を眺めに行きました。

京都府立植物園 奈良の八重桜

今シーズン最後の桜取材。府立植物園に咲く「奈良の八重桜(ナラノヤエザクラ)」を見に行きました。個人的には今年はサトザクラの写真を撮りに行っていて、京都府立植物園の桜品種見本園には何度も通い、植物園の方の解説を聞けるツアーに参加をしたりもしました。大阪の造幣局の桜の通り抜けにも行ってきました。人が作り出したサトザクラの美しさもさることながら、桜を守り伝えてきた人々のお話しを知ることで、よりその桜を感慨深く眺めることが出来ました。

京都府立植物園 奈良の八重桜

さて、「奈良の八重桜」は大変な遅咲きで、桜品種見本園の中でも「クシロヤエ」と並んで最後に咲く桜ではないでしょうか。この桜は、百人一首にも選ばれている「いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日九重に 匂ひぬるかな(伊勢大輔:いせのたいふ)」の歌に詠まれた桜といわれます。

京都府立植物園 奈良の八重桜

中宮・藤原彰子に仕えて間もない伊勢大輔は、奈良の興福寺から宮中へ送られた”奈良の八重桜”の受け取り役を紫式部から譲られ、道長をはじめ多くの貴族が注目する中、即興でこの歌を詠みました。「いにしへ:今日」「八重:九重(宮中)」が対比され、古都奈良の八重桜の美しさと、宮中の繁栄を同時に讃える見事な歌です。今日には「京」、九重には「ここの辺(へ)」の意味もあります。

京都府立植物園 奈良の八重桜

中宮彰子は「九重に にほふを見れば 桜狩 重ねてきたる 春かとぞ思ふ」と返歌を送り、京の桜に続く遅咲きの奈良の八重桜の美しさと伊勢大輔の秀逸な歌に高揚した気持ちがうかがえます(ただし、この返歌は紫式部が代作したともいいます)。

京都府立植物園 奈良の八重桜

実は眺めるのは初めてでしたが、雨の中で咲く美しい姿に感動をさせて頂きました。大正時代に三好学博士によって東大寺の知足院で再発見された八重桜がこの「奈良の八重桜」で、その後、奈良県の県花、奈良市の花にも制定。奈良市の市章にも奈良八重桜が使われているとのことです。奈良ではこの時期に見られる桜として知られます。京都でもこうして目に出来ることに感謝するばかりです。花の時期は短いとのことですので、ご覧になりたいという方はお早めに訪れてみて下さい。

京都府立植物園 奈良の八重桜

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に5年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

京ごよみ手帳2022

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です