上賀茂神社の競馬足汰式 2022年

5月1日に上賀茂神社競馬足汰式(くらべうまあしぞろえしき)が行われました。葵祭として15日の路頭の儀は中止ですが、競馬(くらべうま)や流鏑馬(やぶさめ)など、行われる行事もあります。

競馬足汰式

上賀茂神社の競馬会(くらべうまえ)神事の本番は5月5日に行われますが、1日はその時に出走する馬の組み合わせを決める「足汰式(あしぞろえしき)」が行われました。本番では2頭の馬が、右(右方)と左(左方)に分かれて走りますが、先んじて足汰式で馬の優劣を見定めて、当日の組み合わせを決めるのです。まず1頭ずつ走る「素駆(すがけ)」が行われ、出走順を決める「番立(ばんだて)」が行われると、本番さながらに決まった組み合わせごとに2頭ずつ走ります。

競馬足汰式

5日の本番では、左方(さかた)は赤い装束、右方(うかた)は黒い舞楽装束を着て競い、初めの組は必ず左方が勝つことが慣わしとなっています。それ以外の組では真剣勝負が繰り広げられますが、トータルで左方の勝ち数が多い年は豊作になるといわれています。その昔は、競馬のために朝廷から上賀茂神社に寄進された各地の荘園から、それぞれ選りすぐりの駿馬が出され、勝った馬を出した荘園は豊作になると考えられていました。今でも馬が呼ばれる際は「○○の国 ××荘」とアナウンスがあり、古来からの名残が見られます。

競馬足汰式

競争といえばスタートは同じ場所からが一般的ですが、賀茂の競馬(くらべうま)では、スタート時に差をつけて走り、勝負の判定地点でその差が広がれば前の馬の勝ち、縮まれば後ろの馬の勝ちとなります。スタート時の差は1馬身が目安だそう。しかし実際には馬が暴れたりもするため、そうそう上手くはいかないようです。

競馬足汰式

鞭のタイミングもある程度決まっており、馬場には鞭打つタイミングの目安として「鞭打ちの桜」が植えられています。他にも、スタート地点には「馬出しの桜」、決着地点には「勝負の楓」、出走前に馬上姿を整える場所には「見返りの桐」と、ユニークな呼び名がついた木があります。

競馬足汰式

馬に乗る「乗尻(のりじり)」は、ベテランがいたり年によっては中学生や小六の子がいたりと様々。しかし、乗尻になるには単に馬に乗れればよいのではなく、様々な作法も覚えなければなりません。特に年少の乗尻は一生懸命に努力を重ねてきたそうです。馬の評価のポイントは単に速さだけではなく、乗尻の馬上での作法も対象となって、上の上から下の下までの9段階で評価されます。

競馬足汰式 美作国倭文庄の馬

古くからのしきたりによって、最初に走る「美作国倭文庄(みまさかのくに しどりのしょう)」と二番目の「加賀国金津庄」は順番が決まっており、しかも美作国倭文庄が勝つことになっています。足汰式での評価も、両者は必ず「上の上」になります。この2頭はかつては江戸幕府から献上された馬だそう。中でも美作国倭文庄は京都所司代の馬だそうで、ひいきをしたということのようです。他にも走る順番や荘園によっても細かい作法は違っていて、まさに古式を今に伝える行事です。

競馬足汰式

馬の疾走するスピードは目の前で見ると非常に早く感じます。有料席に入ると、まさに目の前で見ることができておすすめ。馬の駆け抜ける勢い、乗尻の勇ましい掛け声などは、動画もありますのでご覧下さい。本番の競馬会神事は5月5日の14時頃から。上賀茂神社の神事は解説が充実しているため、大変に分かりやすいです。3日には下鴨神社で流鏑馬神事も開催されます。いずれも3年ぶり。人気の行事ですが、よければ足を延ばしてみて下さい。

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に5年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

京ごよみ手帳2022

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です