福知山に咲く「才ノ神の藤」

9日に、福知山の山中に咲く才ノ神の藤を訪ねました。

才ノ神の藤

「才ノ神の藤」は、福知山市大江町南有路に咲く樹齢推定1200年と伝えられる藤の古木で、昭和58年に京都府天然記念物に指定されました。9日に訪れてきました。例年は藤祭りがありますが、今年は中止となっています。アクセスは自家用車が基本で、駐車場やトイレがあります。

才ノ神の藤

花の種類は「山藤」で、比較的房は短く、山野に自生する山藤が信仰対象として守られ、大きな藤棚になったそう。以前は大きなケヤキの木に巻き付いていたそうですが、ケヤキは度重なる落雷で朽ち、今は残っていません。

才ノ神の藤

名前の由来となった「才ノ神」は、藤棚の下に今でも祀られており、道祖神・縁結びの神として信仰されています。藤の維持管理は地元の集落の方が担っており、花の時期は協力金が300円となっています。

才ノ神の藤

今年は例年よりも早く咲いているようで、9日の段階で散り始めていましたが、何とか間に合いました。地元の方も次々に訪れて、見事な花とその香りを楽しんでいました。こうして長い歴史の中で人々を楽しませてきたのでしょう。見に来られてよかったです。

才ノ神の藤

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に5年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

京ごよみ手帳2022

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です