祇園祭 長刀鉾町お千度 2022年

7月に入り、祇園祭の行事が始まりました。1日午前には長刀鉾町お千度が八坂神社で行われ、祭りの無事が祈願されました。3年ぶりにお稚児さんが登場しています。

長刀鉾町お千度 お稚児さん

いよいよ祇園祭の行事が始まりました。今年は3年ぶりに山鉾巡行が復活する予定で、様々な行事が例年に近づいている印象です。私も時間が許す限り見に行きたいと思います。さて、1日の長刀鉾町お千度は、お稚児さんが登場する最初の行事とあって、多くの報道関係者も来られます。例年は梅雨のさなかの行事のため雨が心配されますが、今年は猛暑の中でのお千度となりました。

長刀鉾町お千度 お稚児さん

お稚児さんや禿(かむろ)の子たちは手を引かれながら南楼門から境内に入って来ると、手を清めてから本殿内へと進みます。そして稚児・禿が大役に選ばれたことを神に奉告する神事を行ったのち、外に出て本殿の周りを町内役員とともに3周し、祭りの安全を祈願します。本殿前と本殿真裏で参拝を行いながら、ゆっくりと進んで行きました。

長刀鉾町お千度

「お千度」とは、本来は文字通り千回参拝することですが、ここでは町内の大勢で3周して参拝をすることで合計で千回分とみなしています。これから17日の巡行に向けてお稚児さんの行事は続き、巡行では鉾の上から清めの舞を舞う大役を担います。今年は3年ぶりの巡行再開と、注目度が高い中で始まった祇園祭の行事。できるだけ好天に恵まれ、無事に1か月の行事が進むことを願っています。

長刀鉾町お千度

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に5年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

散策・講座のお知らせ
京ごよみ手帳2022

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が発売中です。詳細はこちらからご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です