南禅寺の雪景色

15cmの積雪となった京都。25日朝に南禅寺を訪れました。

南禅寺

京都の雪、15cmで止まりました。過去60年ほどの観測記録を見ると、1日の積雪としてはこの数字くらいで止まることが多い印象です。朝はマイナス3.7℃まで下がり、路面凍結により蹴上周辺の峠で立ち往生している車を多数見かけました。26日朝も引き続き路面凍結に十分にご注意下さい。

南禅寺

さて、南禅寺は亀山上皇によって創建された臨済宗の大本山で、大方丈は女院御所の対面御殿を(寺伝では清涼殿)、小方丈は伏見城から移築をされた建物として知られています。大方丈の前の庭は「虎の子の渡し」と称される枯山水の庭園で、方丈の裏側の現代の庭園は秋の紅葉が特に美しい場所です。南禅寺は紅葉シーズンは大変な混雑となりますが、冬は人影が少なく、とてもよい時間を過ごすことができます。

南禅寺

雪の境内は水墨画のような雰囲気で、大変美しいです。レンガ造りの水路閣も雪が似合います。境内には早朝から雪の眺めを楽しむ方が何人も訪れていました。今回は拝観開始前に境内を後にしましたが、雪の日は三門に登って眺めるもオススメです。

南禅寺

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に5年連続最高得点で合格(第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として20年。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

【オンラインサロン】吉村晋弥のマニアック京都サロン を始めます!

「まいまい京都」さんで『【オンラインサロン】吉村晋弥のマニアック京都サロン』を1月から始めさせていただくことになりました。毎月第2水曜日20:00~21:30頃の配信と、月1回程度のサロンメンバー限定ツアーにご参加いただけます(ツアーは別途参加費が必要です)。詳細はリンク先をご覧下さいませ。

「京ごよみ手帳」休刊のお知らせ

私が監修させて頂いていた「京ごよみ手帳」は休刊となっております。詳しくは宮帯出版社様のホームページをご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。