桂離宮 月を愛でる庭の風景・後半

今回は桂離宮の続きです。四季の月を愛でるために計算された作りの見事さと、その美しい風景をお楽しみ下さい。

桂離宮 賞花亭

松琴亭から先に進むと土橋が現れ、大中島に渡ります。島は小高くなっており、その頂上に春に使われる茶室・賞花亭(しょうかてい)があります。島にはツツジが多く植えられているため、花をめでる(賞賛する)意味で「賞花」と名付けられいます。高台にあるため眺望に優れ、愛宕山も綺麗に見えます。かつては周りの木々が低く、嵐山や比叡山も望めたのだそう。賞花亭の前にある棗形の手水鉢は、春の茶摘みにちなんで据えられています。

 月波楼

賞花亭から山を下りた場所からは、いつもであれば池越しの書院が美しく見えますが、現在は後述するように覆い屋根が掛けられています。さて、さらに先へ進むと園林堂(おんりんどう)が現れます。「園林堂」の額は、後水尾上皇の宸筆で、堂中には八条宮家代々の位牌が安置されていたそうです。

桂離宮 園林堂

園林堂を過ぎてたどり着くのが奥にある笑意軒(しょういけん)。笑意軒は、田植えの時期から稲刈りまで主に夏に使われた茶室です。笑意軒の前の敷石が「草の敷石」。自然石のみで作られた柔らかい印象を与える敷石です。

桂離宮 笑意軒

笑意軒の手水鉢は、軌道の低い夏の月を映す趣向となっており、手水鉢に柄杓を差し込んで月をすくうように水を汲めるのだそう。その名も「浮月」と名付けられた手水鉢が、蒸し暑い京都の夏の夜に涼を与えるのです。窓の奥には水田が見え、風にそよぐ様も涼やかだったでしょう。

桂離宮 敷石

さて、参観コースは笑意軒から来た道を少し戻って、書院へと向かいます。現在書院は屋根の葺替えなどの修理が行われており、令和5年11月までの予定で建物を覆う素屋根が掛かっています。書院は二条城と同じような雁行形をしており、どの部屋からも池庭を楽しむことができるのがポイントです。また、床が2m程も高く上げてあり、これは氾濫を繰り返した桂川の洪水に備える意味もあるそう。実際、この付近の水害頻度は高く、現在も辺りの民家は土台が高くなっていたり、水門があったりとする地域です。

桂離宮 書院

また、書院が高床なのは、月見の際に目の高さとしてちょうどよいからでもあります。書院には月見台もあり、驚くのはその設計。月が最も美しいとされる「中秋の名月」の観賞に最適な方角に開け、屋根がなく、前方の池には中空に浮かぶ月が見事に映り込むように計算されているのです。対岸の築山はあえて少し低くしてあり、中秋の名月を一刻でも早く眺められるようにし、池は手前まで切り込んで、少しでも長く池に映る月を楽しもうとさえしているのです。それはそれは素晴らしい光景なのでしょう。

桂離宮 書院 月見台

書院を後にして、最後に出会う茶室が月波楼(げっぱろう)です。月波楼は池に面して建ち、秋に使われた茶室です。この茶室からは、昇っていく月と池に映る月の両方を楽しめるように作られています。また、池の向こうには松琴亭が風景になじんで美しく見え、茶室に座って目線を低くして眺めれば、まるで屋形船に乗っているかのような景色となります。

桂離宮 月波楼

最後の参観ポイントが、衝立松(ついたてまつ)。御幸道から進んできた客人に、すぐにはお庭を見せないように、あえて池に松が植えられて景色を遮っています。単に行き止まりや、生垣にするのではなく、一本の松で遮るというのも面白い発想です。

桂離宮 衝立松

参観はこれで一周。お庭だけとはいえ、細やかな計算のもとに築かれた、桂離宮の美の一端を覗い知ることができます。仙洞御所・修学院離宮・桂離宮とも、その魅力はとても私の拙い文章力ではとても表現できませんが、その美しさは、是非多くの方にご覧になって頂きたいと思います。

桂離宮 月波楼

ガイドのご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yosimura1.jpg

京都検定1級に4年連続最高得点で合格(第14回~第17回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2022」監修。特技はお箏の演奏。

京ごよみ手帳2022発売のお知らせ

吉村が監修した「京ごよみ手帳2022」が11月中旬に発売予定です。詳細はこちらからご覧下さい。

散策・講座のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です