粟田神社のアヒルの手水鉢

粟田神社にアヒルが浮かんだ手水鉢が登場しています。

東山の粟田神社の境内に、アヒルが浮かんだ手水鉢が登場していました。今年の京都は手水で口を付ける柄杓を撤去しているところが多く、その代わりに花を浮かべた花手水が各地で話題ですが、粟田神社さんはずいぶんと個性的な様相となっていました。氏子の方による寄進だそうで、水が抜かれていた手水が殺風景だとして浮かべられているそうです。まるでお風呂の中のような雰囲気となっていて、かわいらしく感じました。

“粟田神社のアヒルの手水鉢” の続きを読む

宝筐院の紅葉

嵯峨野の宝筐院(ほうきょういん)は、秋の紅葉が美しい場所です。27日に訪れました。

宝筐院はかつては「嵯峨野の隠れ寺」とも呼ばれていたこともある紅葉の美しいお寺です。ただ、近年はすっかり知られるようになり、秋には多くの方が訪れます。場所は清凉寺の西で、入口がやや分かりにくいでしょうか。入口の狭さとは裏腹に境内は奥行きがあり、ドウダンツツジも多く、紅葉は抜群に綺麗です。

“宝筐院の紅葉” の続きを読む